"青い鳥"を捜しにおとぎの国へいらっしゃいませんか? ベルギーにはあなただけの"青い鳥"がきっと見つかります。そんな旅のお役に立てれば・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
aaa1.jpgベルギーへ行くとご覧の通り、沢山の言語が使われている。公用語はオランダ語、フランス語、ドイツ語。ドイツ語を使うグループはごく少数派、ドイツ国境の辺りにいるので、ブリュッセルではフランス語とオランダ語が主になっている。EUの首都で、NATO本部もあり英語も大事な言葉(中立的な言葉)だ。まず写真の右上の道路の名前。上がフランス語:Marche au Charbon、下がオランダ語:Kolenmarkt、英語でいうと:Coal Market、石炭市場通りという意味だ。
「市役所」はフランス語で:Hotel de Ville、オランダ語で:Stadhuis
有名な教会の名前:Eglise du Bon Secours = Goede Bijstandkerk  フランス語もオランダ語も知らない外国人(特にヨーロッパ言語圏以外の人々)にとっては悪夢のような環境だ。今日はその言葉事情と首都のブリュッセルの歴史について・・・

aaa2.jpgブリュッセル首都圏はフランス語とオランダ語の表示が義務づけられている。そういう中で「英語」は中立な言葉としての役割を果たしている。以前ブリュッセルで和紙を中心にした紙のお店を経営していた時に私が日本人ということで、仏・蘭の表記義務を免れた経験ががある。この立札はある公園に立てられていた「鳩にえさをやらないでください。それは禁止されています。」というもの。漫画の絵の上がフランス語、絵の下がオランダ語。最近はどちらの言葉を上にするか、最初にするかさえも論争になってしまう。

aaa3.jpg1カ国語が公用語の国と比べて何が大変かと言うとやはり経費が倍掛かってしまう。ガイドブックやパンフレットなどすべて2カ国語で作らなければいけない。下の写真左はEU本部(外務省)の入口にある看板。やはり蘭仏で表記されている。
下の右はブリュッセルの芸術の拠点、オルタが設計した中では最大の建物。実は長い名前の場所だったのだが、最近みんなが呼びやすい名前になった。フランス語の発音をオランダ語式につづった、だれでも納得の簡単名になった。「BOZAR」ボザール。フランス語の「beaux-arts」ボザールというのは普通名詞なので、ブリュッセルのこの場所を指す時は必ずどちらかの言葉でも「Palais des beaux-arts」パレ・デ・ボザール、又は「Paleis voor schone kunst」パレイス・フォール・スコーネクンスト」と略せない名前だった。現在では上記のようにボザールになってみんなよろこんでいるはず。

aaa5.jpgaaa4.jpg

人工的に創ってしまったベルギーでは、このように一国、一言語、一民族という社会からは想像もできない様々な問題が起こってくる。ブリュッセルでは言葉の問題はこの国が抱えた政治問題に直結しているが、その他に現状では「大多数のいない少数派の寄集まり」の社会なので、反って問題は少ないような気がする。ちゃんとした統計は取ることは不可能(日本人の私でさえ向こうではベルギー人だから)だと思うが、元々の「ベルギー人」は約20~25%(仏蘭と合わせて)と聞いた。国籍、人種、育った社会的バックグランドなどすべてが入り乱れている。ブリュッセルの中心部にはモロッコ人の数が一番多いといわれているが、モロッコは元フランス領、国の半分はスペイン語地域、なので、フランス国籍やスペイン国籍、そしてベルギー国籍をもったモロッコ人も沢山いるだろうと思うし、フランスやベルギー生まれのモロッコ人も多い。だから、一般に「モロッコ人」というと共通項はやはり回教徒であることだ。

現在の政治危機はとても重要だ。現在5ヶ月以上も無政府状態が続き、数日前には「下院委員会が、両地域言語を併用するブリュッセル首都圏の連邦選挙区を二つに分割する法案をフランドルの各政党が強行採決した。」というニュースが入った。

このようなベルギーの対立という問題は昔から「政治家が作り上げて来た」ことで、一般庶民は多民族とやっていくことになれているし、多様性を受け入れ、寛容的というのがベルギー人の最大の特徴だといつも思っている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://belgium32.blog121.fc2.com/tb.php/41-00cf0fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。