"青い鳥"を捜しにおとぎの国へいらっしゃいませんか? ベルギーにはあなただけの"青い鳥"がきっと見つかります。そんな旅のお役に立てれば・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
durbuy15.jpgデュルブイのお城とは反対側には広場があって、レストランが10軒ぐらいある。ここでデュルブイ産のビールを試飲。ベルギーではこうやってゆったりとした時が流れる。
観光地とはいえ、お土産物屋などは全くなく、普通のこの街の生活を他所から来る人達も楽しませてもらう。しかし、ここがベルギー人が憧れる世界第2位の場所なんてすごい。


durbuy16.jpgdurbuy17.jpgdurbuy18.jpg

ここで食べたものはごく普通です。
野菜とお豆のスープ、さけのきのこソースとジャガイモのバター炒めにサラダ、息子は普通のステーキ・フリッツ。

durbuy24.jpgこんな感じでゆったりと優雅な時間を過ごす。ベルギー風「生活をアートする」
この広場にクルマやバイクを止め後は徒歩で町中を見学する。驚いたのはとても沢山のバイク。どこに行ってもバイクが多いのに気付いたが、ここでもオランダやドイツ方面からバイクで遊びにきている。

durbuy25.jpg日本のように「バイク=若者」とは全く雰囲気が違いベルギーでは「バイク=中、高齢者」だ。ここで出会ったグループの感じはどこかの会社(IT関連などのトップ)が親睦を兼ねここまで遊びに来ている。
グループというのは珍しくやはりドイツ辺りからだから、グループのほうが安心なのかもしれない。

durbuy26.jpg女性が3人ほど混ざっていた。素敵。
どこへ行ってもおばちゃん風バイク乗りが普通に沢山いるのはとても感じが良い。ベルギーでは「バイク=高級趣味」と見られる。日本的感覚だと「オペラ、詩吟、和歌、ヨット」というような年齢を重ねて初めて良さがわかると同じようなことだ。

durbuy23.jpgdurbuy22.jpgdurbuy21.jpg

durbuy19.jpg横を流れるOrtheオルズ川ではカヤックやカヌーなどの川遊びもできる。
観光客大歓迎とはいっても、商業主義に走ることはこのベルギーではほとんどない、といっても過言ではないと思う。
もっとバイクの写真を見たい方はこちらへ⇒
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://belgium32.blog121.fc2.com/tb.php/40-34b6d71a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。