"青い鳥"を捜しにおとぎの国へいらっしゃいませんか? ベルギーにはあなただけの"青い鳥"がきっと見つかります。そんな旅のお役に立てれば・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ypre1_20071110113123.jpgベルギーの町の名前はいくつかの書き方があるので、知らないと全く違うところかと勘違いしてしまう。ここイープルはベルギーの中でも「陸の孤島」のような場所にある。北のフランス国境沿いにあって、一応オランダ語圏だ。この町が有名なのは「猫のお祭り」と第一次世界大戦の時にはヨーロッパ最大の激戦地の一つになり、町のほぼ100%が壊されたこと。元々12~13世紀に建てられた街並は第一次大戦後、細部にわたるまで正確に復元された、もちろんほとんど元の煉瓦や原材料を使って。この市庁舎(できた当時は最大の商業施設)は1999年にユネスコの世界遺産に登録された。私が偶然にここを訪れた時、たまたまビーチバレーの選手権が開催されていた。ベルギーはほとんど「過疎化」というのはない。どこの地方へ行っても活気や繁栄が感じられる。ここイープルも高々3万人の小さな町なんですよ。

ypre3_20071110113153.jpgypre2_20071110113139.jpgカリフォルニアにでもきたのかと錯覚するほどの若者達の熱気。ビーチバレーのヨーロッパ選手権のようだった。町の最大の広場に6面のビーチバレーのコートをつくってある。この砂を運んだりとても大掛かりなイベント。片付けるのも大変そう・・・
このようなイベントを口実に町中でお祭り気分だ。

ypre4.jpgypre5.jpgベルギーはどの町も「国」よりもずっと長い歴史があるので、自分たちの町に対してはとても誇りを持っている。元々地方分権で、日本のように「中央集権」のようなことはない。商品もその地方独自のものがほとんどだ。この左の写真も周辺のお百姓さんが自分で栽培した果実のジュースを売っていた。真剣な表情は値段の交渉らしい。そのとなりの写真はパン屋さんが作る「メランゲ」。ケーキ、パン屋さんは卵の黄身を沢山使うので、白身が余ってしまうのでそれに砂糖を加え、泡立てオーブンで焼いたお菓子だ。長さ20センチぐらいの大きい物だが「10個で7ユーロ」約千円ぐらい。

ypre7.jpgypre8.jpgいつもの商店街の歩道には沢山の臨時のお店屋さんが出ていた。この商店はお肉屋さん。自家製のソーセージやパテなどをメインに売っている。古い店構えのすてきなところはガラス。大量生産ガラスとは違い、ちょっと波打った感じのガラスもピカピカに磨かれていた。


ypre10.jpgypre9.jpg子供達にとっても楽しい日。この金魚すくいのような「アヒル釣り」は大昔からあるそうだ。釣れた数によって、もらえる商品がある(子供には泣かせないような仕組みに成っている)。小さいメリーゴーラウンドは別のブログで書いたが、お祭りというとお目にかかれる、どれも骨董品で美しい。

ypre11.jpgypre12.jpgディキシーランドジャズやコンゴの音楽やそしてスーパーマンの巨人が人々を楽しませてくれる。至れり尽くせり。別の通りではフリーマーケッットで普通の市民がいらないものなどを売っていた。


ypre13.jpgypre6.jpgこういうお祭りごとには欠かせないホットドッグの屋台とワーフル屋さん。こういうのも手作りだから場所で味や形がちがう。ワーフル屋さんはチョコレートとワーフルのケーキ屋さん。この町にはイギリスからの観光客が沢山来る。この店も英語の看板だった。戦場だった時にはここで英国人も沢山なくなった。

ypre14.jpgypre15.jpg何百というオートバイも見たが、この人素敵でしょ?ベルギーにはこのようにお年寄りのカッコいいバイク乗りが多い。「バイク」は高いものなので、若者には買えない。となりの写真の子供達の写真を撮った後、この子達本当に運転して行ってしまった。私はあっけにとられて見ていたが、エンジン付きなのは確か。


この町のすごいところは、第一次世界大戦で沢山の人達が亡くなりここに骨を埋めてある。その人達に敬意を表するために毎日夜8時にはセレモニーが催されている。本物の音楽で。しかも一日も休まず毎日、毎日・・ 1928年から今日のこの時点で、27199日目だそうだ。良かったらHPを参考に

イープルの町のHPはこちらから
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://belgium32.blog121.fc2.com/tb.php/37-bca4bf87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。