"青い鳥"を捜しにおとぎの国へいらっしゃいませんか? ベルギーにはあなただけの"青い鳥"がきっと見つかります。そんな旅のお役に立てれば・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bshop1.jpgベルギーでウィンドーショッピングするのは、この上なく楽しい。美術館やどこかの展覧会に行くのと同じ驚きや感激がある。
下町(マロル地区)の何気ないお店でこんな古い、本物のメリーゴーラウンドを売っていた。びっくりして、ついこの左の男性(オーナー)に「これっていくらなの?」と聞いてしまった。オーナー「40,000ユーロ」という答えに息子が空かさず「フェラーリの値段だ」と。それに対してオーナーは「フェラーリじゃないよ、ベンツ1台だよ。でもこのメリーゴーラウンドを買えば1台だけじゃなくて12台ものクルマが手に入る!」これ、中でしっかり動くようになっていた。
bshop4.jpgbshop3.jpgメリーゴーラウンド屋さんの近くにこんなお店があった。ここはこの人のアトリエ兼販売店。ショーウィンドーで制作し、お客が入ってくると筆を置いて、接客している。こういうのを部屋に一つ置いたら幸せな気分になれるはず。


bshop2.jpgbshop5.jpg同じ通りにオートバイまで売っていた。何かもいつごろのかも解らないけど、古くてどろにまみれている。こういうのを買う人はきっとこころに余裕のある人に違いない。丁寧にばらして、部品ひとつ一つを磨いてチェックして・・・ そんな生活をしたいなぁ・・・


bshop6.jpg
bshop7.jpgbshop8.jpg





漫画家さん(ブリュッセルには沢山ある)、帽子屋さん(これも珍しくはない)、そして何だか解らないお店。

ブリュッセルのお店をもっと見たい方はこちらへ⇒
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本業なのか、副業なのか。こういう形の店舗でそれぞれの経営や生活が成立しているところが不思議で面白くて敬服すべきところですね。(日本人の感覚からすれば)
ところで「メリーゴーランド屋」さんは、メリーゴーランド(画像から察すると1台のみ?)が売れてしまったらどうするんでしょう?どこかから新しい(古い)ものを仕入れるんでしょうか?
2007/11/01(木) 07:00 | URL | #-[ 編集]
ここは古物商なんです。
メリーゴーラウンドが売れたら、別の物を置くのでしょう。最初に書いた「ブリュッセルの蚤の市からの通りで、このおじさんも蚤の市にも出展しているのかもしれません。
2007/11/02(金) 12:31 | URL | jeanneke #be.zvRnw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://belgium32.blog121.fc2.com/tb.php/28-4d245ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。