"青い鳥"を捜しにおとぎの国へいらっしゃいませんか? ベルギーにはあなただけの"青い鳥"がきっと見つかります。そんな旅のお役に立てれば・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラバントワロンの首都は、この銅像のある人口3万人の町ワーブル。ベルギーの町には必ずと言って良いほど何らかの「街の象徴」がある。ブリュッセルは「小便小僧」、ルーヴァンには「Fonske」、ここワーブルはこの「Maca」マカ。お尻をなでるとこの一年は幸せになれるといわれる。1962年に作られた「Jean Godart」の作品。市役所のすぐ外にある。
私はここから4~5kmいった村に住んでいた。近くの町というのがここだったので、隅々まで知っているつもり。ところが、去年今年とここに行った時には、とてもうれしい驚きが沢山あった。15~20年前には全く何もなく、薄汚れた裏通りなんかが見事に復活していた。沢山のお店屋さんがオープン、沢山の廃墟がすてきな店舗に生まれ変わっている。人々は相変わらずゆったりといつもの日常を楽しんでいる。


wavre5.jpg1480年頃に作られたサンジャンバプティスト教会。1954年に49個のカリオンが設置され、時間ごとに音楽が奏でられる。この町もブリュッセルのように古い歴史があるようだが、ベルギーの他の町とは少し違った形をしている。口で説明するのは難しいが。ブリュッセルや他の地方都市はリング状に道路が走っていて、昔の町の境目がはっきりしている。そして中心部はグランプラスのように四角い広場になっているが、この街はどういうわけか二等辺三角形みたいになっている!?この教会も古い割にはヘンテコな形だ。写真にはないが、右横は道になっていて、そこから教会の側面をみると、材料も変わった石でできている。ここがワーブルの中心の広場だ。
wavre14.jpgwavre12.jpgwavre9.jpg

上の教会から続いている数本の道はすべて商店やレストランが軒を連ねている。この写真をとったのは普通の日の朝10時ごろなので人はあまり出ていない。

wavre13.jpgそれでもすでにこうやって生活を楽しんでいる人達がいた。この町は1995年に正式にブラバントワロンの首都になり、見事に復活、繁栄しているが、衰退していた頃でも地価はかなり高かった。今から十数年前にこの町で店舗を借り、和紙のお店を出したかった。ところが、家賃はブリュッセルの中心部より30~50%も高かったので、ブリュッセルの中心部にした。このブラバント地方のいたるところで、いわゆる「地上げ屋」による乱暴な建築が問題になっている今日この頃だが、数日前のニュースではブラバントワロンの町長さん達が集り、その対応策を相談するらしい。この美しいブラバントワロンが美しいままでいますように。

wavre11.jpgこれはワーブルのもう一つの広場。教会から一つの商店街を抜けるとここに来る。「Place Bosch」という名前で高速道路からワーブルに入るとまずここに来る。クルマの往来が激しいが、人々は気にも留めないで生活を楽しんでいる。下の写真はこのカフェの内側、塔のような雑誌置き場から好きな雑誌を選んで、ゆったりと読みふけっている。きっとこのおばあさんは何曜日の何時にはこのカフェに来て、好きなビールでも飲みながら2時間ほど雑誌を読むというのを何年も続けているのでしょう。ベルギーにはそう言う人って多いんです。何曜日には何をするというのを何十年もやり続ける。朝は同じ物を毎日365日何十年食べ続ける・・・ 規則正しい生活を乱されるのはとても嫌がる。

wavre10.jpgwavre6.jpgwavre4.jpg


ワーブルはブリュッセルからナミュールに行く高速道路にのると10分ぐらいで着いてしまう。ブリュッセル中心部からは約20km。

オフィシャルサイト:Wavre Online

他にも沢山みるものがあります。
ブラバントワロンの文化・商業の中心地。映画館やコンサート、演劇などイベント情報も上記のサイトでわかります。

wavre3.jpgワーブルには本当に沢山のレストランや飲む場所がある。それだけではなく「Walibi」という遊園地があって、ベルギーや近辺の外国からも沢山の人達で賑わう。この「Walibi」は経営者が変わったようだが、相変わらず子供達にはとても人気がある。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://belgium32.blog121.fc2.com/tb.php/24-dc2b0d28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。