"青い鳥"を捜しにおとぎの国へいらっしゃいませんか? ベルギーにはあなただけの"青い鳥"がきっと見つかります。そんな旅のお役に立てれば・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
quick8.jpgWikipediaによると1971年にアントワープ郊外に初めてできたマクドナルドのようなハンバーガー屋だ。
ベルギーというと伝統を重んじるグルメの国のイメージだ。その通りなのに面白いと思ったのが、このクィックだ。現在ベルギーを中心にルクセンブルグやフランスにも進出しているらしい。マクドナルドが入る10年も前からベルギーには似たようなハンバーガー屋があるわけだ。もちろん若い人達が来るのでこのクィックも事業拡大できたわけだが、一般のベルギー人は、いまだにこのようなアメリカ式の食事方法には抵抗があるはず。その理由は・・・

quick1.jpgこれが注文するカウンター。ほとんど普通のハンバーガー屋と同じ感じ。アントワープで生まれ、現在はベルギーのほとんどの大きい都市にあるが、メニューなどの言葉はすべて英語。この国では「英語」はニュートラルな言葉として重宝なのだ。
Giant Burger, King Fish, Quick n'Toast, Cheese Burger, Long Chicken, etc.

quick2.jpgこれが普通の感じのメニュー。
私の元夫や家族、その友人達はこの手で食べるということができない。私自身は子供達には「父親のようになってほしくない」という思いがあったので、あえてこのようなハンバーガー屋さんに時々子供を連れて行った。(何でも食べられないと世界にいけませんよね!)

quick7.jpgコーヒーはさすがベルギー。とてもおいしいコーヒーです。ケーキなども手作り風。
ベルギーというと沢山の人達が「チョコレート」というが、まだ知られていない「ベルギーが世界に誇って良いもの」はコーヒー。これもカカオと同じく元ベルギー領アフリカの国々から来たという長い歴史がある。まずどこへ行ってもコーヒーは抜群に美味しい。そしてここクィックでも同じ。

quick3.jpgこのクィックはルーヴァンの有名な教会裏に古くから(85年頃)ある。内装などは当時から変わっていないと思う。ここは学生が多い町なので普段はかなり賑わっている。



quick5.jpg外から見るとこんな風にベルギーらしい。
私の友人、知人や元夫は、2週間何も食べ物がなくても絶対にファーストフードのハンバーガーは口にできない、といっている・・・
なぜかというと、何でできているか、何が入っているかわからないから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://belgium32.blog121.fc2.com/tb.php/23-6c00a4e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。