"青い鳥"を捜しにおとぎの国へいらっしゃいませんか? ベルギーにはあなただけの"青い鳥"がきっと見つかります。そんな旅のお役に立てれば・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
oudemarkt1.jpgここはヨーロッパで一番古い大学があるルーヴァンという町。ブリュッセルから西へ20kmほど行ったところにある。私が30年ほど前にベルギーに就職した時に最初に住んだ町だ。何も知らない時になぜこの町を選んだかというと、やはり大学町=若者と活気、そしてとても古い町でブリュッセルから離れているのも魅力だった(オフロードバイクに乗っていたので、都会は絶対に住みたくなかった)。まだ学生気分が抜けていなかったので、ここでの生活はとても楽しかった。特にこのアウデマルクトは、このように「こじゃれて」なくて、本当に古い学生バーがこの一面に軒を連ねて、週末ともなるとそれぞれのバーからの騒音と酔った学生たちのわめき声。・・・とても楽しい思い出。今年の6月には覚えているバーを数十年ぶりに訪ねてみた。
[Oude Markt Leuven・アウデマルクト「古い市場広場」ルーヴァン]の続きを読む
スポンサーサイト
begijnhof1.jpg

ブリュッセルから西に20kmぐらいのところに「Leuven・ルーヴァン」という古い大学町がある。この町は紀元800年ごろにはすでに文献に出てくる。大学が設立されたのは1425年、現存する大学では世界最古らしい。

中世のころはブリュッセルよりも重要な都市であったというのは充分に感じられる。
《私は最初にベルギーに来たころ(30年ほど前)この町に住んでいた。》

この中世の町の一部に「ベギン会修道所」があり、ベルギーフランドル地方にある26の修道会とともに1998年に「世界遺産」に登録された。
[世界遺産 Groot Begijnhof がある大学町ルーヴァン]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。