"青い鳥"を捜しにおとぎの国へいらっしゃいませんか? ベルギーにはあなただけの"青い鳥"がきっと見つかります。そんな旅のお役に立てれば・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベルギー到着初日、モネ・オペラ座へ行った後、大好きなカフェへ行きました.グランプラスから1分の隠れた通のための人形劇場件カフェ、トーンという古い人形劇をやっている場所.イロ・サクレ飲食街のど真ん中にあります.

スポンサーサイト
ブリュッセルの中心部を歩いていたらこんなものに出くわした。人気漫画、BDに出てくるキャラクターだ。高さは2メートルほどあろうか・・
環境大国のEUはこの数年で都市から自動車を閉め出そうと計画している。私もベルギーに住んでいた時はすべてクルマだった。都市の中心部でも気軽にどこにでも駐車でき、ユーロになる前は1時間30~60円ぐらいが駐車料金の相場だった。ところがこのところの物価高に加え、EUの方針として自転車や公共の交通機関を利用するように、仕掛けているようだ。ただ、小さいブリュッセルの中でもかなりアップダウンがある(自転車に慣れない私にはそう見える)ので??とも感じるが、観光ならこの上ない手法かもしれない。何しろ自転車王国です。
[自転車の国(その2)]の続きを読む
オペラ座第2弾、修復作業について。
ベルギー国民にとっては、多分国会議事堂よりも重要な場所がこのオペラ座だ。ベルギーの建国に重要な役割を果たした。1830年に独立戦争が勃発したのは、それまで数々の領主達に支配され、1815年からはオランダの支配下にあったベルギー(まだ国の名前すらない時)は不満を募らせていた。その時にこのオペラ座での演目は愛国心をくすぐられ、奮起した市民は、このオペラ座の前の広場に集り、ここから武力でオランダを追い出す決心をした。その後1855年に火事で内部のほとんどは焼け落ちたが翌年には内部だけを再建し、現在に至って居る。内部の修復作業は2003年から5年間に渡り、今年9月に終結し、その詳細がレポートになった。今日の写真はすべて「Regie des Batiments ベルギー建築省」からお借りした。
[ La Monnaie・De Munt オペラ座(その2)]の続きを読む
bshop1.jpgベルギーでウィンドーショッピングするのは、この上なく楽しい。美術館やどこかの展覧会に行くのと同じ驚きや感激がある。
下町(マロル地区)の何気ないお店でこんな古い、本物のメリーゴーラウンドを売っていた。びっくりして、ついこの左の男性(オーナー)に「これっていくらなの?」と聞いてしまった。オーナー「40,000ユーロ」という答えに息子が空かさず「フェラーリの値段だ」と。それに対してオーナーは「フェラーリじゃないよ、ベンツ1台だよ。でもこのメリーゴーラウンドを買えば1台だけじゃなくて12台ものクルマが手に入る!」これ、中でしっかり動くようになっていた。
[ブリュッセル下町ウィンドーショッピング]の続きを読む
madam1.jpgブリュッセルの中心地・グランプラスからミディ駅の方向へ歩くと数分でこんな銅像に行きあたる。ちょっと前までこんな感じのおばさんはそこら中に居たような気がする・・・  実はこの銅像は、1938年から現在でも演じられている演劇の中に出てくるおばさんの銅像だ。ブリュッセル語を話し、ブリュッセル流ユーモアに溢れた劇で、2000回は上演されただろう。その内1500回この「ぼうしおばさん」を演じた俳(男)優が丁度1年前に亡くなった。数少なくなったブリュッセル語を話すブリュッセル人がまた一人減った訳だ。(ブリュッセル語とブリュッセル人のことはいずれ紹介したいと思う)
この銅像は何年も前からここにある。ブリュッセルでは年に1回このぼうしおばさんのお祭りをやっている。ブリュッセル語を話すブリュッセル人、下町のお祭りだ。

[Madame Chapeau 帽子おばさん]の続きを読む
toone30.jpg
ブリュッセルの中心地・グランプラス広場の隣に古くからある「トーン人形劇場」がある。
この人形劇場は昼間は、カフェだ。とても古い典型的なブリュッセルが味わえる。
ブリュッセルの人形劇と言っても「子供」の特権には収まっていないのがこの歴史あるトーン劇場だ。
僅かながら残っている「ブリュッセル風べらんめえ」が聞けるのも楽しい。
[人形劇場・トーン]の続きを読む


ブリュッセルの中心部・旧市街地内南東部にある「カルチェ・マロル」は丁度東京の浅草三谷に当るところかもしれない。ここはとても活気があり、純粋な「Bruseller・ブリュッセル児」がいる下町だ。
その地区の中心になる「Place du Jeu de Balle・プラス-デュ-ジュ-ド-バル」という広場で毎日行われている有名な「蚤の市」を紹介したい。
[ブリュッセル・蚤の市]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。